立ち並ぶマンション

不動産鑑定士とは

マンションのエントランス

不動産系資格で有名なのは宅建ですが、不動産鑑定士は不動産系資格の最高峰とされています。合格率2%程度と非常に難関なため独学で合格することは困難とされています。そんな中でも粘り強く勉強して独学で合格を勝ち取っている人はいます。資格予備校で何年か勉強して合格する人が大多数を占めています。資格予備校であれば不動産鑑定士有資格者の講師が指導してくれるため理解の手助けとなります。また実務で起こったことなど実務での生の声や仕事内容について知ることが出来ますし、周りに同じ志を持った人たちがいるため、試験勉強のモチベーションを保つことが出来ます。そのような人達とは合格後にも交流を深める友となることもあります。

不動産鑑定士試験は1次と2次試験からなります。1次試験はマークシート形式の試験で行政法規と鑑定理論からなります。行政法規は不動産についてのルールを問う試験で宅建試験経験者であれば勉強に入りやすい科目となっています。鑑定理論は実務に直結する科目で2次試験にも試験科目となっている非常に重要な科目となっています。不動産鑑定をする時のやり方や不動産鑑定のあるべき姿について理解度を問う試験となっています。基準の暗記にたよらず書かれている無いようについて理解することが1次試験突破の切り口となります。自分の言葉で内容を説明できるようになると合格レベルといえます。基準の内容を理解することは独学ではなかなかむずかしいので多くの人が予備校に通っています。

売却のアプローチ

広いリビング

マンションの売却で満足いく価格で売却するには様々な手法でアプローチする必要があります。適正な査定額の見極めや、売り方の変更、不動産業者とのやりとりなど次第では満足行く価格で売却することが期待できます。

不動産の活用法

本棚とリビング

不動産は何もしていないと固定資産税として税金だけがかかります。その為運用が必要で、何かしらの活用方を見出すことが大切です。例えば駐車場にして収益を上げるなどがあり、活用法次第では多くの収益を生むことも可能です。

一戸建て購入の注意

フローリングの部屋とテーブル

新築の一戸建てを購入するのは誰しも人生の大きな目標でしょう。大きな金額が必要であるため、購入の際は多くの時間をかけて、業社との相談もしながら納得いく住宅建設が求められます。

玄関の重要性

いろいろなマンション

一戸建てを購入する際は玄関やリビングなどについて深く考えることは少ないと言われています。しかしながら玄関は住宅の顔でもあり、住宅を設計するにおいては非常に大切な要素でもあります。